プリティーリズムレインボーライブを観た

やっとプリティーリズムレインボーライブ全話観終わりました。
確か3月頃から観始めたと思うんです。約半年間お世話になりました、ありがとうございます。

ということで、プリティーリズムレインボーライブの感想をと思いまして、ひゃっはー!したいと思います。ρ( ^o^)b_♪♪











このアニメは放送してから何年も経っているのでそんなスクロールいらないだろうとここでスクロール終了させていただきます。
そもそもキンプリキンプラと観て興味をそそられた人はプリティーリズムレインボーライブを全話既に何度も観てるんじゃない?って個人の感想です。石投げないで(/´△`\)



何故プリティーリズムレインボーライブを観ようかと思い立ったのは言わずもがな、キンプリ観たからですよ。本当に言わずもがなです。
でもただキンプリ観ただけではプリティーリズムレインボーライブを観ようとは思わなかったです。言ってることがおかしいですよね。わかってます。
まず、キンプリを観たあとに、あっヤバい…オバレのアルバム買おうって思ってすぐにポチってうおあおあお!ってなってその後にプリティーリズムシリーズの楽曲を遊べるプリシェイというスマホアプリを見つけてインストールしてからいとちゃんやべる様の曲が良すぎて、やばい……アルバム探さな…🤔ってなってうおおおおお!って再びなってこれはプリティーリズムレインボーライブ観ねば!っとなったんですよ。
でもこの時まだ観るか観まいかと悩んでいたんです。当時は観れる時間との勝負でしたからね。それでそんなこんなしてたらキンプラが放映開始してクソ田舎で映画館がない地域のにわかオタクはDVDBlu-rayを待つしかなくてぼーっと待ってたらキンプラがやっと観れる日が来たんです!
でもおや、うーんヒロ様の話か……🤔あっ、プリティーリズムレインボーライブ観ながらにすっかな……🤔と謎の何かが降りてきて急にプリティーリズムレインボーライブを観ることになったのです。

なので、キンプリを観たからプリティーリズムレインボーライブを観ることになったということでもあり、そうでないのです。

はい、前置きが長いので飽きたと思いますが、付き合えたら付き合ってよ。




キンプリで一番最初に感動したのが、オバレのアスレチックcoreという曲で、その曲のイントロでめちゃくちゃゾワッとしたのを覚えてます。アスレチックコアを聞いてゾワッとしてなかったらプリティーリズムレインボーライブは観てません。そしてオバレのアルバムをポチることもありませんでした。
何故アスレチックコアのイントロでめちゃくちゃゾワッとしたのかはいまだにわかりませんが、自分のなかでグッとくる何かがこの曲に詰まっているのだと思います。
こんな風に曲を聞いてゾワッとしたのはアスレチックコアで2度目です。
1度目はうたプリの四ノ宮那月のオリオンでshoutです。
この後に3度目、4度目とくるのですが、それは置いておきましょう。


もはや何の話をしているのかわからなくなってきましたが、ここから本題に入りましょうか。

プリティーリズムレインボーライブの1話からまさかコウジくんが出ずっぱりだとは思いませんでした。
コウジくん出すぎじゃない?第2の主人公ばりに出てない?まあ、いいけどね?!って感じでコウジくんがめちゃくちゃ出てきてびっくりしました。
コウジくんといとちゃんがそういう関係ということは本編を観る前から知っていたので、そういう感じになることを知りつつ観ていたのですが、1話から1クール中盤くらいまでいとちゃんじゃなくてなるちゃんと仲良しで、あ?ってなりました。いとちゃんはコウジくんが好きだということが溢れ出ていて、クール担当なのにやばい恋愛脳だな…って少しショックを受けつつ恋愛してない時のカッコイイいとちゃんを推してました。
いとちゃんは誰がどうみてもコウジくんのことが好きなんだとわかるんですが、コウジくんはさっぱりいとちゃんのことが好きなのかわかりません。
でも好きだとかなんだとか言っていとちゃんを落とすのでクソ野郎と暴言を心の中で吐きながら観てました。(ぺんぎんさんはキンプリキンプラと観て、推していたのはコウジくんでした。)
この辺でコウジくんに暴言を吐き捨ててしまい始めた頃にようやく全てにおいてヒロ様素敵では?!人類みな黄薔薇なのわかるわ……(泣)となっていました。
ヒロ様の話はもう少し待ってね。コウジくんの話に戻ります。

コウジくんは感情を表に出さないので何を考えてるかわからないのですが、本当にわからなさすぎてカヅキ先輩がいないとコウジくんの考えてることが全くわかりません。
この世にカヅキ先輩がいなかったらコウジくんは生きてませんし、ヒロ様も違う方向に行ってたかもしれません。
カヅキ先輩は真のこの世を救う勇者です。カヅキ先輩がいないと人類みな救われません。

コウジくんは本当に何を考えてるかわからなさすぎて、最終的にポンコツじゃねえか?!って思えてくるので、最終的にポンコツクソ野郎ってあだ名をつけてしまいました。コウジくん推しでしたが、本当に何を考えてるかわからなさすぎて、コウジくんは無理だ……ってなってしまいました。
どうせいとちゃんともフワッとした感じで付き合ってんだろ?ふざけんなよ?って思いながら観てたのですが、キンプリキンプラを思い出した時に何となく本気っぽいので、コウジくんそこはきちんとなんか表現しろよなって思います。
いとちゃんはただ「好きだ!」って言われて抱き締められただけで許すなよと思うのです。もう少しなんかあれよ…。
なんだろう、コウジくんといとちゃんは音楽を通じてお互いをわかりあえてるからいいとかそういうのなんだと解釈してるんですが、コウジくんは何かもう少し伝えたほうがいいです。少なくとも視聴者のためになんか言えよな。

コウジくんに対する不満はまだありますが、コウジくんが感情を表に出すことはこれからも少なく、口数も少なく、これくらいわかれやお前とコウジくんは相手に丸投げでいると思うので、なんとか理解しようと思います。

ヒロ様がかわいそう。


いとちゃんとコウジくんの家族の話は泣けましたが、全ていとちゃんのおとうさんがいけないので、責められて当然だと思いました。許されないことです。コウジくんのおとうさんが最終的にいい人すぎてめでたしとなってましたが、許されません。でもコウジくんといとちゃんには関係あるようでないことなので、付き合ってもいいです。コウジくんのおかあさんがかわいそうなのは言うまでもない…。
これは子供向けアニメなのでギスギスエンドはダメってことなのかなと思いつつまあよかったね~~と涙しました。

わかなちゃんの家族の話も泣けましたし、あんちゃんとわかなちゃんの和解も泣きました。どれだけティッシュ濡らしたかわかりません。
基本的に父親似な性格の話だな~~と全体を通して思いました。
女の子はだいたい父親に似るということを表現しているのかなと思ったり。わかなちゃんはおかあさんに似てるように見えますが、真面目なところはおとうさん似なので根本はおとうさんなのかなあと。まあそんなことはどうでもいいですね。

なるちゃんがコウジくんと関わるとヒロ様も関わってくるのが何気に面白かったです。いとちゃんも関わってくるし、あんちゃんとカヅキ先輩と陰からわかなちゃんと……って繋がってくるから最終的にみんな関わりすぎ~~(笑)ってなります。

なるちゃんは知らぬ間にコウジくんに恋しますが、本人は最終回まで気がつかないし、恋云々よりりんねちゃんが優先なのがなるちゃんの良いところです。
なるちゃんにはそのままでいてほしい。

なるちゃんがヒロ様にデコピンされた仕返し?としてヒロ様にデコピンを返すのがよかったです。みんななるちゃんに救われろよ。

はぴなるはいいぞ~~


あんちゃんのことはわかなちゃんがプリティーリズムレインボーライブで語ってくれるので、あんちゃんが気になる人はプリティーリズムレインボーライブを観ればいいと思います。
わかなちゃんはあんちゃんのことが好きですし、カヅキ先輩のことも好きです。
あんちゃんのことはわかなちゃんにしか語れないんじゃないかと思います。
しかしあんちゃんのマイソングを歌うわかなちゃんがみたかった…。


いとちゃんはクール担当ですが、恋愛脳すぎです。これ何回でも言いますが、恋愛脳すぎです。
いとちゃんのプリズムショーの3連続目?のジャンプで運命の赤い糸っていうのが物語ってるくらい恋愛脳すぎです。
何故クール担当は恋愛脳なんだろうかと最近考えてます。わかりません。

それといとちゃんはご機嫌斜めになるとドタキャンしたりします。めちゃくちゃ迷惑な性格です。ご機嫌斜めの原因はほぼコウジくんになります。本当に恋愛脳です。
でもぺんぎんさんはいとちゃんを推してます。ボロクソ言いますが、いとちゃん推しです。


おとはちゃんはみんなを支えてくれるので一家に一人はおとはちゃんがいないといけません。
少々メルヘーンと騒がしいところもありますが、一家に一人はおとはちゃんがいないと大変だと思います。
おとはちゃんはべる様を支えますし、デュオでペアになったいとちゃんを心から支えます。おとはちゃんがいなかったらべる様もいとちゃんも今がなかったと思うので、おとはちゃんは最重要人物です。

おっとりして可愛いのに強い時がありますし、おどおどしてる時もあります。
メルヘン村の住人です。



わかなちゃんはにゃんにゃん言ってます。うちだまあやちゃんです。
マイソングもにゃんにゃんです。
そんなわかなちゃんにも悩みがあります。家庭の事情です。
これは長くなりそうなので、省きますがわかなちゃんの家庭の事情は最終的にハッピーエンドです。
わかなちゃんは失敗を恐れて挑戦することを拒んでいましたが、最後に失敗してもいい挑戦してやるということをやり遂げました!結果はどうあれやりきれば何の問題もなし!
最後はわかなちゃーん!って泣いてしまいました(泣)
よくやったぞ!



べる様はクールビューティーです。
べる様は最強です。
でもそのべる様にも様々な事情があります。べる様の今があるのはその様々な事情があってこそだからべる様にとってはいい経験だったのだと思います。
なるちゃんに出会わなければ違う自分を見つけることはできませんでしたし、わかなちゃんに出会わなければ本当の友人を思う気持ちを見つけることはできませんでした。おとはちゃんと出会ったことで自分を更に磨くことができましたし、ヒロ様と出会い、誤った道を進むことを止められ孤独から解放されました。

べる様のまわりにはべる様を想う人がたくさんいます。

べる様が最強でいられるのはみんなのおかげです(泣)
べる様を支えてくれてありがとう(泣)


完!








ここで終わってはいけませんね。
まだりんねちゃんのことが残ってます。
ヒロ様とカヅキ先輩も。

ヒロ様は最初に観たとき、こんなカンジワルイ人だったの?!でも知ってる。ヒロ様がワルイ人じゃないこと知ってるから。ってなりました。
プリティーリズムレインボーライブから観た人は最初ヒロ様のことめちゃくちゃカンジワルイやつじゃねえかって思ったんだろうなってことがわかります。キンプリキンプラ観たらヒロ様こんな感じだったの?!ってなるから笑えますな。
でもこのカンジワルイヒロ様も良さしかないのがヒロ様の良さですよね…。人類みな黄薔薇なのわかるわ…。
ヒロ様にも事情というものがあるわけで、みんな事情を抱えすぎてるから泣けてくる…。
ヒロ様辛いな…。
コウジくんも辛かったんだよって誰かに言われてもヒロ様のほうが辛いなって思うんです。
コウジくんはヒロ様に裏切られたけど、ヒロ様は全部悔やんでるし、懺悔の想いしかないじゃない。
コウジくんずっと悲劇のヒロインじゃない。
強がってるけどヒロ様めちゃくちゃメンタルズタボロになるからな。キンプラ観て学んだ。

コウジくんに振り回される人生はやめにしなよって誰かに言われてもヒロ様はコウジの歌は俺にしか歌えないとか俺が一番上手く歌えるとかしか言わないんだろうなって想像してた。

ヒロ様めっちゃコウジくんのこと好きじゃない?
でもコウジくんは友人の一人としか思ってないじゃない?

えっ?


なんだかんだでカヅキ先輩が中間に入ってくれるからオバレとして上手くいくし、ヒロ様とコウジくんの関係ももとに戻ったんだよな。
カヅキ先輩いないとダメじゃねえか。

そもそもヒロ様が助けてってサイン出してるのにコウジくん気づかないとかダメダメすぎてポンコツの極みだと思ってしまった。カヅキ先輩いないと本当にダメすぎる。カヅキ先輩がヒロ様のサインに気づいて伝えたとき、えっ?じゃねえよ!まず先に気づかないといけないんじゃないのコウジくん!おい!

ヒロ様はコウジくんを捨てたほうがいいです。


でもコウジくんがいないとヒロ様は輝けませんね。

なんだこれ。


もうこの話はやめよう。



カヅキ先輩のことはずっとカヅキ先輩がいないと世界は滅んでいたって言ってるから勝手にカヅキ先輩のことは伝わってると信じて略します。

カヅキ先輩の曲はコウジくんがヒロ様に宛てたメッセージなので、本当にコウジくんクソ野郎って暴言を吐きながら泣きましたよ。それにカヅキ先輩もヒロ様に宛てた曲だということわかってるので、なんだかもういいよってかんじです。だがしかしカヅキ先輩に似合っている曲ですね。泣いた(泣)





りんねちゃんについて語らなければならないんだけど、りんねちゃんはプリズムワールドの住人ですとしか言えませんよね。プリズムワールドにはりんねちゃんの姿の住人しかいないんですよね。
でもキンプラりんねちゃんの姿じゃない住人がですね…シンくんが……。何かありますよねこれは。
キンプラでルヰくんがりんねちゃんでしたからルヰくんはプリズムワールドの住人ということですよね。
ルヰくんはシンくんをプリズムワールドに呼び戻しにきた?!ジュネさんのような感じなのか?!と思い返しながらりんねちゃんとジュネさんのシーンをルヰくんとシンくんのシーンに照らし合わせながら観てました。
この辺よくわからない。理解しろっていうのが無理です。諦めた。
ジュネさんは記憶を全部リセットして人間として新たなスタートをしましたが、シンくんはどうなってるんだ?!

プリティーリズムレインボーライブを観ているのにキンプラの1つのシーンのことしか考えてませんでした。

ここから最終回までが速かったです。
気が付いたらみんなでプリズムライブをしてりんねちゃんが虹の道を滑ってバイバイしてはぴなるでした。



最後はみんなのその後をサッと流して終わりです。
みんなそれぞれの道に進んでますね。
そしてオバレ結成でコンサートしてました。ここでアスレチックコアか……やはりいい曲だ……(泣)
法月仁が滅んでなくてこれから新たな復讐を的な感じだったのがキンプリになるわけですね。

最後のオバレのシーン観る限りでは当時これだけでアルバムが売れたのか?って疑問に思いましたが、推しが歌ってれば買うか……ってなったので多少は売れたんだろうなと。でもこのシーンでアスレチックコアを聞いてもゾワッとしなかっただろうなとは思いました。
キンプリの演出は素晴しすぎた…。
まあ、プリティーリズムレインボーライブからキンプリまでは何年もかかってるので新しくなる度に演出が素晴らしくなるのは当たり前ですよね。

キンプリでオバレが活動休止するってことを発表したとき、ねえちゃん……って言ってたユウくんが気になって即wikiさんにお世話になったのを覚えてます。
いとちゃんの弟ってことといとちゃんがコウジくんのかのじょということをそこで知り、観なきゃねえだろこれって思って何年か経ってやっと観たんですよ。
そう思うとすげえなキンプリって思うわけです。

これはプリティーリズムレインボーライブの感想なのにキンプリすげえって話で終わりに向かってますな。
いや、本当にキンプリすごいよ。

キンプリに出会えてよかったなあってことが最終的に伝わればこの感想はゴールだなって思って最終到着点を見失ったままここで終わります。
強制終了ですね。

あっ、プリティーリズムレインボーライブで一番すごいのはモモとKooさんなんじゃないかと今思い出しました。
だって地道に二人でプリズムのきらめきを広めていったんですもん!この二人がいなかったらこの世界のプリズムのきらめきはまだ少なかったかもしれない!
今急に思い出しただけです。はい。

そんなこんなで、ここまで読んでくれてありがとうこざいました!はぴなる!わーい!

キンプラ観たよ

タイトル通りです。
そのままです。では感想レッツスパーキンッ!




















全体的な感想を一言でまとめると

訳がわからないよ(笑)


なんですよ。

何を言ってるんだ?って思うかも知れませんが、本当に訳がわからない。
これは話の内容を理解してないのもたぶんあると思うんだけど、理解させる気なくね?!と思わざるを得ない…(泣)
いやいやいや、時間がほしいです。本当に理解できる時間がほしい。その前に尺がほしい。70分で理解しろって無理があるのでは?!まだ色々情報出さなきゃいけないところあるだろ?!情報が少なすぎてどうしたらいい?!うわあああ


まあキンプリの時も思ったんですけど、理解しろって本当に無理があるお話だと思うんですよ。一つ一つ理解していくのに全50話は必要だと思うんです。それを70分でまとめるんですよ。ムリダロコレ

そもそも自分がレインボーライブを全話観てないからわからないのか?と思ったけど、レインボーライブを全話観てもわからないんじゃないのかと、理解できないのではないのかと思っています。これからレインボーライブを全話のんびり観るつもりなので、あ~~なるほど~~と思う部分も出てくるかとは思うです。でも、理解できる自信がない!


で、キンプラはルヰくんのprideから始まりましたね。
そしてprideが使えない?!っていうヒロ様。

最初から不安しかありません。
ヒロ様が悲劇のヒロイン化してしまう不安しかない…(泣)レインボーライブで観たヒロ様はとてもカンジワルイ人でしたよ…。8話までの個人的な感想ですがね。
ヒロ様はカンジワルイ人…って感じの笑みがとても似合う方だと思っているので、不安そうなのは嫌です。弱くなるな強くいろ!

まあそんなこんなでシュワルツの陰謀とかなんとかあったり、急にコウジくん激おこだったりで、理解できないあたまがもっと理解できなくなりました。

コウジくんの激おこはなんでだよ!急な展開かよ!ってあたまを抱えてしまったではないか…。でもこれもヒロ様の為でありっていう涙の激おこ……。
ヒロ様攻撃してる時のコウジくんのジャンプいとちゃんのでは?とか思いながら観てたけど、いとちゃんので正解だよね?

コウジくんの急な激おこ展開にあたまを抱えながら同時にシンくんがルヰに捕まりイヤらしいことされていたので、またあたまを抱えるはめになりましたよ。おいおいこれいいのかよ。女児観てたら違う方向に目覚めちゃうよ。とか思いながらなんなんだろう何を見せられたんだろうってあたまを抱えてました。そしてカヅキ先輩もカヅキ先輩で動いてたし、タイガくんはカズオにタクシー代を頼るし、情報が追い付かない!巻き戻していい?!そんなことをしてたら今度はプリズムキングカップでシンくんをごり押すとかなんとか言ってて、おれのあたまを待ってくれえええ!ってなりました。もうこの辺であたまが疲れてます。休憩してもいい頃じゃない…みたいな。でも話は勝手に進むわけですよ。

ヒロ様がプリズムキングカップに出れません…って言ってたのに!出る!やる!ってなってた!やったね!だってこれヒロ様の話だもんね!って思いながら観てたらいとちゃんがいた~~。いとちゃんが後ろにこっそりいた~~!って今度は高田馬場ジョージ!そしてヒロ様の体力が……(泣)


そしていつもと違うカレー……(泣)

ミナトさんを好きにならない理由がない…。

ヒロ様ここからがんばる…(泣)
がんばれよ…がんばるんだ……(泣)

カヅキ先輩もがんばっていた!

シンくんもタイガくんもみんなみんながんばっていたし、カズオが裏でめちゃくちゃがんばってる?!

あ~~!あんちゃんとわかなちゃん

レディースパーキンッ!


プリズムキングカップの始まりだ!


LOVEMix!うわあああ!観たかった高田馬場ジョージだああ!うわあああ!……んっ?んん?少な……んん?…まあそうだよね。

そして奴がステージを壊しに…(笑)
もう最初からステージ壊すなって思わざるを得ないんだけど、歌って踊り出すとなんか筋肉質の彼がちょこちょこ動いて可愛いんだよな(笑)なんでだろう(笑)
奴はカヅキ先輩を誘き出したいんだろうけど、タイガくんいくよね~~そうだよね~~とか思いながら観てたら、タイガくんが強くて感動した…(泣)
タイガくんめちゃくちゃ立派じゃねえか(泣)

カヅキ先輩の言うとおり最高にフリーダムだったぜ…(泣)

そしてその壊れたステージを元に戻すカヅキ先輩。

やっぱりカヅキ先輩はなんだよなあ。


カヅキ先輩がいなかったらこの世界は救えません。



でもカヅキ先輩も失格になるんですよね。
ストリート系はダメなんですね。そうですか。


そしてシンくんだ!
オーバーザサンシャイン!year!year!
ルヰくんが何かを解放してくれたおかげでシンくんがジャンプをとべた!やったね!
そしてなにかが生まれた(笑)
もうこの辺はつっこまないでおきたい。

そしてルヰくんの登場。
prideじゃないだと?!どういうこと?!
なんだ?ルヰくんはりんねちゃんなのか?シンくんは誰なんだ?どういうことなんだよ!うわあああ!あたまがうわあああ!うわあああ!
ここはいつ頃はっきりするのか教えてほしい。
教える気すらないのか?あたまが疲れてます。

そしたら次はもうヒロ様になってた。
さっきまでルヰくんがポールダンスしてたのにヒロ様の出番になってたよ!なんなんだ!あたまの処理が!ってヒロ様pride使えないんじゃ?!って思ったらみんなpride使ってる…ってなっててやっぱりか!ってなってヒロ様のprideを全力で観てたらやっぱりヒロ様がキングだ!っていつの間にか終わってた……。


全てが一瞬すぎてまばたきすら許されないこのスピード……。キンプラ恐ろしい…。

エンドロールは後日談とか色々で可愛い。
それから虹色crownで卒業式!
最後のコウジくんのやついとちゃんで最後やられちまったからふざけんな!って思わなくもない。いや、いとちゃんと付き合ってるのはいいさ、そこは別になにも思わないけど、ああいうのはダメじゃん?もっとビジネスしようやって思ってしまったからコウジくんのこと気になりすぎを拗らせてしまっている……。
カヅキ先輩はわかなちゃんだった?髪緑だったよな?ヒロ様はなるちゃんだったよな?
なんか最後の最後にやられた感じがあるから、最後のは観ないほうがよかった?ってなりつつある。

でもオバレがまた観れる!ってなるのは嬉しいですね。いっぱい続いてほしいです。

あとシンくんは男の子にキスされすぎなので注意したほうがいいですね。そのうち取り返しのつかないことになりますよ。あとそれを女児が見たら違う方向に目覚めちゃうので注意しましょう。


あたまがついていかないので、誰か解説してくれ



おわり

黒バスラスゲを観たよ…

やっとラスゲを観ました。

涙なしには観られないだろうとティッシュを用意して挑んだ結果をご覧いただくので、ネタバレなりそれなりの覚悟をしてください。
いつも通り?ネタバレというネタバレになってないのですが、一応言っておきますし、そもそもTLに黒バス関連の方が少ないので大丈夫でしょうけど、一応ね。はい。








まず久しぶりだね、火神くん!!!
黒バスアニメが終わってからいつぶりだろうか。
マジ天使……エンジェル……しか言えないので申し訳ない……(泣)火神くんを見るたびに火神くんを好きになってよかったと思うので火神くんを拝むことしかできません。

中学生時代の火神くんが可愛くて見とれているうちに高校生火神くんと後ろに誰でも無意識に依存させる男、黒子テツヤがいました。

あざとかわいい黒子テツヤ今回も健在です。


ん~~何やら火神くんに一本の電話が~~ってこれはもうフラグだよなあ。これはもうティッシュ準備じゃねえかよってところで場面変わったのでまだティッシュはお預けです。


ジャ……ジャバ…?ジャバ……?ジャバ…ロ…?ジャバ?……ジャバ?…ジャバ……?

相手チーム名が全く聞こえない難聴になってしまったのでもう1回観なきゃいけないじゃないですか。なんなんですかもう!(歓喜)

そんなことはさておき、ジャバ……?はもういいか、のメンバーというかリーダー的存在のナッシュがただただいい男で見とれてたら、ゲスでした。


やだっ、ひどいおとこっ


ナッシュってそういうところも含めていい男なのではないかと思ったんですよ。

しかし、いい男なんだよなあ。
顔はナンバーワンだろこれ。


なんやかんやでキセキとジャバ…?が対戦することになる話がこのラスゲなんですけどね、キセキが可愛すぎるだろこれ。一々キセキメンバーが可愛すぎてまともに観てられないし、火神くんの良さがキセキメンバーの可愛さで薄れて行く……。
本当にキセキは仲良しだったら最高のチームだなということを感じさせてもらったんですけど、そのなかに今のチームの相棒という別名彼氏たちの嫉妬が少し入ったりしていい味を出してくれましたよ。

緑間くんに対する想いが複雑な高尾くんが今回はナンバーワン萌えじゃなかろうかって思ってしまった……。緑間くんと高尾くんって本当にそう見えなくてもそういう風に思っちゃうから不思議…。いや、これはフジョシの性よ……としか言いようがないことはわかっていますよ。でもこの二人本当に想いが通じあってるようにしか見えないので見てて何かが爆発しそうになりますよ。なんだろう、ずっと二人でいてくれよ。フジョシ関係なく素直にずっと相棒やっててくれって思う。


キセキを見た時にキセキの中で一番最初に黄瀬くんかっこよくなったな…ってしみじみ思ったんですよ。黄瀬くんって誰とでも仲良くできるし、気楽に話せる相手でもあるから楽って高尾くんもそんな表現してたけど、本当にそうだなって思いました。でも黄瀬くんこんなにはオープンな感じではなかった気がするんですよ。どこかもっとオープンな感じになった気がするんですよね。もっと明るくなったみたいな。彼は彼なりの苦労と努力がありますし、それを見せないで成長していくので、その結果かっこよくなったのではないかと珍しく黄瀬くんを美化します。
まあ、いつも思ってる黄瀬くんは、ちゃらんぽらんでいじられ役で、黒子テツヤのストーカーです。
あっ、ちゃらんぽらんは言いすぎましたね。彼はチャラそうに見せてるだけの実は努力家なので、根は真面目ですね。でも黄瀬くんはそんなことを言われるのを望んでいないし、そういうことを言うのは黒子テツヤくんしか許さないので、彼はチャラ男でいじられ役ということにしときます。

しかし、ラスゲの黄瀬くんは顔面的にも内面的にもイケメン度が上がっていました。
ナッシュの次くらいにイケメンだったのではないだろうか。


紫原くんは髪を結ばないほうが脱力感があって好きです。あとバスケしながらニタニタ笑うところは紫原くんっぽい子どもっぽい部分が出ていて表現の仕方だなあって思いました。
紫原くんの時に室ちんがなんだかんだ入ってくる辺り、今彼かよ~~ってなります。
いや~~フジョシの性~~!!!
室ちんの癖のあるきしょーさん声はたまらないのですが、笑っちゃう時があるのでまともに観てられません。羽多野さんのレオ姉と同じレベルで笑っちゃう。

腕は大丈夫ですかね、心配です。


赤司くんはチートなので、どうでもいいと言ったら失礼ですが、なんか赤司くんについては何もないと思ったんですよ。だって赤司くんに何か言うことなくない?こわくない?言ったら四方から刺されるでしょ?こわすぎて何も言えません!
二人の赤司くんがやっとひとつになれてめでたしめでたしでよかったと思います!よかったね!赤司くん!よかったよかった!さすが赤司くんだよ!



青峰くんは大人になったというより子どもに戻ったような気がします。年相応より少し幼さが混ざって可愛くなってる気がした……んですが………。
青峰くんの本来の姿がこれなんですよね。グレた部分がなくなったからこの姿なんですよね。
なんて……可愛い……子………って言ったら青峰くんにあわない気がするんですよね。
青峰くんはかっこよい。そういうのがあたまにあるから可愛いって言ったらダメな気がするんです。でも可愛さがあるんですよね……。

今回自分の中で一番青峰くんのポジションが変わったというか、どうしたらいいのかわからなくなりました。青峰くんってもっと男らしいイメージが強かったんですよ。でもグレがなくなって幼さだけが残って可愛さが広がるってもうなんなんだよってかんじなんですよね。
もうおれはどうしたらいいんだ?
青峰くんはどういったポジションにしたらいいんだ?



緑間くんは一番人間ではないと思ったので、彼は人間ではありません。
もう超人です。彼が一番超人だと思います。
キセキのなかで超人すぎて人間ではないと認識したくなります。そして彼が一番活躍したのではないかと思います。緑間くんがいなかったら今回は負けていたと思います。そんな存在の彼を一番ほめてあげないといけないのに、何故かみんな緑間くんのことを言いません。たぶん、あとで高尾くんだけがほめてあげると思っています。赤司くんもほめるとは思いますが、高尾くんほど甘やかしたりはしないので、緑間くんには高尾くんが必要です。



ざっくりとラスゲを観て思ったキセキの感想は以上なんですが、一時間半で駆け足でいろんなことを混ぜこんでいるので、あたまがついていきません!可愛さや嫉妬や言わなくても通じる想いなどなど時間をかけてやらないといけないんじゃ?と思う部分を駆け足でやってるので、あたまの処理が追いつかないのは当たり前というものです!たぶんというか絶対思った萌えたぎるようなポイントを見落としていると思うので、もう一度観なければなりませんし、何回でも観なければならないと思わされました。

黒子くんに関しては、昔散々ツイッターで言ったので、言うことないだろうと思っていますし、新たに発見できた一面もありません。
もうただただ黒子テツヤは人々を魅了して依存させる男なのだと思いました。
黒子テツヤに関わると依存せざるを得ないので、ナッシュも違う形で出会えば、また黒子テツヤの男になるのではないだろうかと考えました。

最後は火神くんがアメリカへ旅立つというやっとティッシュの登場だったのですが、最後火神くんが黒子くんのもとへ走って戻るとき、黒子くんに抱きつくのかと思って心臓がとまるかと思いました。

なんだよ、抱きつかないのかよ

そんなことを思いつつ、二人の交わした言葉にティッシュ使って終わりました。

最後のキセキもよかったです。なんか、赤司くんWith下僕みたいな感じがしなくもないあれだったのですが、みんなバスケが好きで何よりです。黒子くんも自分ができる限りバスケをやるだろうと思いますし、……(泣)

そもそもバスケやるには手が小さいとか火神くんが言うから変なスイッチ入ってしまって、やっぱおまえら付き合ってんじゃねえかよって思ってしまったんですよね。これは火神くんのせいだと思います。フジョシじゃなくてもこれは付き合ってんじゃねえかよって思いますよ。ラストシーンで感動するところなのに付き合ってんじゃねえかよってあたまで思ったら涙枯れるぜ?

いや~~もうティッシュいらなかったわ~~
でも少し泣きました。

これで黒バスが最後だとは思ってません。
思ったらそこで終わってしまうじゃないですか。
まだナッシュの話もできんだろ?がんばればやれるだろ?と思いながら生きることにします。


しかし、敵ながらナッシュはいい男ですよね。
顔面だけ見ればめちゃくちゃいい男だろ。
でもゲスさがあるから磨きがかかったいい男になってるのかもしれませんね。

あたまが混乱してついていけてないところがあったので何回か時間をあけて観ようと思いますし、思い返してみようとも思います。


もう力尽きたので、この辺で終わりたい。
まだまだ言いたいことはあるけど、脳の処理が追いつかないですし、スマホだと疲れる…。


今回の収穫はナッシュがいい男ということ。
ナッシュたちが暴れ飲んでるところに1人で行った黒子テツヤがやられた時にキセキプラス火神くんが全員俺のテツヤになにしてんだっていうあの感じが素晴らしかったです。

もう本当にひとつの場面にどれだけポイントがつまってんだよ……。拾いきれねえよ……(泣)

実写版東京グールを観ました

タイトル通りです。
かるーくゆるーくネタバレしますので、これから観ようかと思っている方は見ないほうがいいかもしれませんし、見てもよくわからないかもしれません。
まあ、劇場上映は終わっているので別にネタバレしてもいいよなっていうスタンスです。






さてさて、東京グールはアニメから入って原作を購入したタイプの人間なのですが、これは面白い!と思う自分なりのランキングで両手指の中に入る順位ではないくらいの好きです。
まあ、とても余計なことを言っているのは自覚しているんですけど、もし、東京グールが大好きな人がこの記事を見たらなんて浅い記事なんだろうクソ野郎がって思うと思うんですよ。なので、最初から面白いとは思うけどそこまで好きっていう感じではないけど、好きっていうことを知っていてほしいなっていうやつです。

はい、それで、アニメと原作を見ているので、今度は実写版を観ようと思い立ったわけですよ。
特に好きな俳優が出ているからとかではなく、ただ東京グールをどう表現するのかなって思って興味本位で観てやりました。

簡単な感想を言えば、

思ったより再現度高くね?

です。

金木くん役の窪田くんはきちんと金木くんを演じておられて、窪田くんヤバくね?!役者のカガミダロ?!とか思いました。
嘔吐シーンとか特に大変だっただろうなって思って窪田くんの役者根性にただただ圧倒されていました。すごい……。
あと人間の顔をなめなめしたり、ヨダレたらしたり、イロイロよくやるな……役者だな……って思うシーンがありまして、本当に窪田くんには感謝しなきゃいけないんじゃないかと思います。
別に窪田くんのファンではないので、窪田くんの凄さばかりほめてるわけではありませんよ。
ファンじゃなくても窪田くんの演技は素晴らしかったとしか言いようがないくらい素晴らしかったです。

窪田くん演じる金木くんには言うことなしです。
ありがとうございます。しかないです。
本当にありがとうございます。


次にトーカちゃんなのですが、この映画を撮影中にトーカちゃん役のしみ……せんがんさん?がイロイロありましたからね、なんとも言えない心境で撮影してたこともあってか、こちらがなんとも言えない感じで観なきゃいけないじゃないですか。
まあ、彼女のしたくない仕事の1つにこの映画が含まれていたこともあってか、ああ、やりたくなかったよね……っと同情してしまうようなあれがありました。彼女はたぶん、きらびやかな広告塔でありたかったのでしょうね。華やかな舞台にいたかったと思います。ですが、当時の事務所が引き受けたのは、こんな真っ暗で血がドバドバ出る顔なめなめしたりする撮影です。それはもう、彼女は嫌で仕方がないでしょうよ。これはわかるわ。
でもね、彼女の偉いところはそれでも出演を蹴らなかったことですよ。金木くんを蹴ってストレスを発散させていたのかもしれませんが、絶対違うと思いますが、彼女はよくトーカちゃんを演じてくれましたよ。ほかにトーカちゃんを演じれる人はいなかったから彼女が最初から最後までやってくれたんでしょうよ。よくがんばってくれましたよ。
でも顔なめなめとか血なめなめとか若い売れっ子になってしまった女優さんには難しいことはわかりますが、これも仕事と言ってしまえばやらなきゃいけないことですし、これからのことを考えるとがんばらないといけないこともあると思うのも事実です。
蒼井優とか観てみろよ。金木くんの顔舐めるわ血は舐めるわ顔はもう蒼井優ではなくなるわで大変なことやってたぞ?もう少し年齢を重ねるといつかあなたもこういう感じになるんだぞ?ということも感じてほしいと思ったしだいであります。

最終的に何が言いたいのかっていえば、トーカちゃんもそれなりにトーカちゃんをしていた。です。

キャラ改変とか崩壊とか全くなかったから実写東京グールは面白いと感じたのかもしれません。

全体的にキャラクターの改変がないんですよ。
蒼井優とか誰やねんって感じがしなくもないですが、個人的に好みな女優さんではないため、そう思うのでしょうが、彼女なりのリゼを演じていたので良いのではないかという結論に至ったまでです。
まあ、これは蒼井優くらいにしかできない仕事だから彼女なんだろうと思います。蒼井優くらいの女優さんは宮崎あおいくらいしか出てこないので、もし彼女がリゼを演じたらと考えると、かわいそうなので蒼井優でよかったなと思ってます。まず、宮崎あおいはこのような仕事は断るでしょうね。


あんてぃくの役者さんたちは再現度高いと思ってます。ですが、四方さんはもう少しマッチョ感を出してもいいと思います。もう少し低い声で話せんかね?背が高いだけではただのコスプレじゃよ?ていうかおまえ誰やねん?四方さんと言われなければ認めないレベルだよ?

四方さんは実写では無理でした。


四方さんと同じくらい亜門さんも認めたくありません。最近の役者さんはみんな細いので鍛えてほしいです。亜門さんの役者さんは一応それなりに鍛えていたような体つきなのですが、亜門さんと言えるほどの肉体美ではなかったので、

亜門さんも実写では無理でした。


逆に一番いいなと思ったのが、にしき先輩です。

再現度一番高くね?って最初に思いました。

あのクソにしきが一番再現度高いなんてクソでしょ?クソ最高すぎるだろ?ってなりました。
あまりにもクソクソ言いすぎて引かれる前に言いますが、クソはにしき先輩の口癖のようなものなので、わざと言えているだけです。



それで、全体的な評価としては、

よくもわるくもなく、ふーんと観れる映画だったというかんじでしょうか。

話の流れは大体原作にそって作られていますので、その辺はgoodです。
ですが、アニメやら原作やらを見ていないと説明不足が出てくるんですよね。尺の関係でどうしようもないのはわかるんですが、二時間の映画でやるには難しいと思います。なので、東京グールを映画から観る人はつまんないと思います。アニメやら原作やらで観ている人がかるーくゆるーく楽しむものではないのかと思いました。

あと役者さんたちの声がなんとなくアニメの声優さんに寄せて声を出しているように感じました。
演技とかもアニメに近い感じがしたので、役者さんの一部はアニメを観て演技の参考にしたのかなって思いました。


観る前は、どうせクソみたいな映画になってるんだろうなって思ってたんですが、ここまで感想を書けるくらいには面白かったので、暇潰しになってよかったです。

次に実写のなにかを観るとしたら銀魂なので、東京グールとどっちが面白かったかを覚えていたら記事にしたいと思います。


では以上!

年末です。よいお年を~

気が付けばもう年末です。

来年は何か良いことあればいいのですが、良いことがあるように願います。

 

さてさて、今期のアニメも続々と終わっていってますね。

一番最初に終わったのが十二大戦でした。

ぶっちゃけて言うと、最初から最後まで何を見せられていたんだろうと思ってしまうくらいには茶番劇というか、意外性とオチがなかった。

今までになにが楽しくて観てたんだではなくて、これは総合的に終わりで評価するようなアニメだと思うんですよ。だから途中がつまらなくても最終的に総合的に面白かったなって思わせるものなんだと思っていたんです。

そしたら特に面白みもない何がなんだか意味があるのかわからない終わり方で、まあこんなもんかって感じでした。

もう最終回観たか、興味ない人がいると思うので軽くネタバレしますが、ねずみくんが優勝しなくても最終的なオチはつまんなかっただろうなと思っています。

そもそも願いで丸々一話使うものではないと思うんですよ。

願いよりも戦闘を一番で作ればよかったんじゃないかなって思うんです。

だって大戦じゃん?戦じゃん?

回想はキャラのことを説明するために必要だとは思うんですけど、戦闘より長い回想はどうかと思いました。その回想の尺でキャラの死にかたがまぬけすぎなのもどうかと思います。というか、回想を長くしなければキャラがまぬけに死ぬから尺の関係でそういう作り方にしかできなかったのかな?!

この辺原作知らないのでなんとも言えませんが、作り方が妙でした。

あとねずみくんの能力がチートと言われていますが、みんなそこそこチートな能力だと思います。牛さんだけ能力といった能力がなく、生まれたときからの恵まれた戦闘能力だけでここまできたんだと思います。生まれ持った恵まれた能力も能力に入るのでなんとも言えませんが、でも牛さんは他のキャラと違って異能ではないですよね。

本当に原作読んでないんで勝手なこと言えないんでバカ野郎ちげえよって思っている方いると思いますが、アニメ観てたらそう思っただけなので勘弁してくれ。

 

十二大戦は総合的に何も残らなかったです。

 

 

今期結構アニメ観てる方だと思ってたんですけど、そうでもなかったかな?

アイドルアニメばかり観てたような気がします。ツキプロ。とサイドМとドリフェス!・・・それくらいか。

アイドルアニメってきゃー!かっこいい!しか言うことできないんで感想という感想がないんですよね。なので評価はない。ただ楽しいだけです。それだけです。

 

そしてそろそろ来期の観るアニメを決めなければならないのですが、う~ん、一話観てから決めようと思うのが多いです。

今期全くなかったロボアニメは必ず観ることにしてます。あのグレンラガンみたいなやつ観ます。

あと女性向けのアニメも何本か観ようと思います。来期アイドルものなかったな?

 

 

来年も相変わらずな年になりそうです。

何か少しずつ変わるといいんでしょうけどね。

まあ、無理して変わる必要もないと思います。

 

では、この辺でまた来年ということで、よいお年を~

 

 

気が付いたら年末とかになっていることもあるかもよ

こんにちわからこんばんわ、ぺんぎんさんです。

どうせこのブログ見てる人は朝に弱いだろうからおはようは言わないよ。

 

またしてもはてなブログさんからそろそろブログ書いてみましょうよ~ってきたので書きにきました。

と言っても最近特に大した出来事もなく・・・

いや~大した出来事がないという前に出来事があったとしても忘れてしまうんですよね。なんだろう、最近老化が激しい( ^ω^)・・・

25歳過ぎてから一気に老け込み始めたのは何なのかねって思って何年か経つんですけど、本当に老化が進むのがはやい・・・

体力的にも元から自信はなかったけど、それより更に体力がなくなった。

これからどうなんのよって感じで体がギクシャクしてますわ。

悲しい現実です・・・

あと厄年っていうあれもあって体の調子が今年は最高に悪い。早く来年になれよ。

 

こういう話題は辛さしかないのでやめようか。

 

 

 

ちゃんとアニメ観てます。何がちゃんとだよって思いますけど、アニメ観てます。

最近面白いと思ったのが十二大戦なんですが、最新話になるにつれてそうでもなくなってきました。楽しくないわけではないので観るのが苦痛ではありません。

ただテンポが悪くなっていってるかなって思います。

 

気が付いたら梅ちゃんさんが出てるアニメばかり観ているような気がします。

気が付いたらそこに梅ちゃんさんがいるっていうことです。特に苦手とか嫌いなわけではないし、特別好きってわけでもないので気がつかないのでしょうね。

本当に気が付いたら、あっ梅ちゃんさんまたここにいたわってなります。ほとんどイケメンキャラ演じているので好きになってもおかしくないんですけど、何故か梅ちゃんさんが演じるキャラを好んだことがないんですよね。

防衛部のえんちゃんは好きですけど、草津君のほうが好きだし、今の十二大戦の牛さんもなかなか男前ですが、鼠くんのほうが好きです。サイドМのコンビニの彼もなかなか悪くないと思いますが、プロデューサーが好きです。ソリッズの大ちゃんは不破君に似ているので悪くないのですが、似ていることに違和感を感じるので魅力的には思いませんし、しっきーが大好きなので無理です。

梅ちゃんさんの声好きになってもおかしくないと自分でも思っているんですが、何故そこまでハマらないんだろうなと自分で自分がわかりません。

なんだろう、二番目の男感がすごいのかな・・・

 

ああ・・たぶんこれだわ。

二番目の男って感じの声だから一番にはならないんだわ。

石川君とか一番目の男!!!って声してるから好きなんだわ。

これだな。これしかない。

内山君もなんだかんだ言って一番目の男って声してるんだよな。

はあ~~やっとわかったわ。二番目の男声か・・・

 

 

 

 

 

 

 

???????????!

 

 

 

 

 

 

二番目の男声ってなに?!(笑)

 

自分で書いてて思ったけど二番目の男声ってなによ(笑)

いや~でも本当にそう感じるんだよな。二番目の男って感じなんだよ。一番って感じがしないんだ。誰かの傍か後ろにいる感じの声なんだよ。

 

梅ちゃんさんの声というか演じたキャラクターで一番グッときたのがまじきゅんルネッサンスの帝歌くんなんだけど、珍しく主役!一番目の男!って感じだった。でもほとんど他のキャラクターが目立ってくれるからやはり一番目ではないんだよね・・・

これは観方による話だから誰でもってわけではないから何とも言えないんだけど、そう感じるという話でした。

 

梅ちゃんさんの話でこんなに長くなるとは思ってなかったです。

最近よく聴く声ではありますよね。

 

 

 

アニメ以外の話はどぶ森しかないのでしなくてもいいような気がします。

まあ、もうほとんど時間待ちでやることがなくなってきたので落ち着きましたが、配信される前からの熱がすごかったです。もう携帯ゲーム機をもって起動することが面倒になってしまったのでスマホになってよろこびがすごいです。こういうのって配信前が楽しいんですよね。たぶんほとんどの方がそろそろ飽きてくる頃合いだと思っているので、その頃合いを見計らいながら来るイベントの為にがんばろうと思います。

ゲーム内容は単調ですが、やり込み度がそこそこあるので好きです。ときれすで何年もごはんを作って食べさせてるのでこういうのは好きです。模様替え系のは楽しいです。人のを見るのも好きなのでフレンドさんのところにもおじゃましてます。

 

 

 

あとなんか話すことなかったかなって思ったけどないかなー

そろそろキンプラ観たいんですけどまだなんですよね。来年2月頃にDVD出るんでしたっけ?まだまだ先は長そうです。

サントラで高田馬場ジョージと出会ってしまったので、どうしようもありません。

口パクでもなんでも高田馬場ジョージがショーをするところを観たいじゃないですか。観たくない人なんていないでしょ?!あの高田馬場ジョージですよ?!あの高田馬場ジョージなんですから誰もが観たがると思います!

まだ何にも高田馬場ジョージのこと知らないんですけど、高田馬場ジョージに対する気持ちが危ないです。早く観たい。

黒バスのラスゲも観たいんですけどね。観たら観たで本当に黒バスが終わりそうで辛い気もします。でも久しぶりに火神くんに会いたいです。

 

思い出したように書いてしまうので、この辺でやめないと終わりがみえません。

正月前にはくると思うので、正月前にまた会いましょう。

ではではごきげんよう!( ´Д`)ノ~バイバイ

更新を進めてくるので忘れなくてすむ

はてなブログさんは一定期間更新をしないと、そろそろ更新しにきませんか?ってメールでわざわざ勧誘しにくるので、ブログのことを忘れずにすみますね。

 

迷惑ですが

 

ブログは自分のペースで更新するものだと思ってますので、そういったおせっかいは必要ないです。なんか申し訳ないね。

 

 

 

お久しぶりです。

特に何もしてないのに一か月が過ぎようとしています。過ぎたんですけどね。

仕事してた時より時間の流れがものすごくはやいです。

いつの間にか50歳か・・・とかになっていたらいいのですが。

なんだろう、最近生きるのに必死で疲れます。いや~働いてないからのんきに過ごしてるんですけどね、生活費が本当に困る。貯金ないよ~っていう感じで毎日生きてます。

老後?!そんなもんないわ!!!たぶん30歳くらいでこの世の終わりだと思って絶望していると思います。お金ってとても大事なものですよね。この世のなかでも一番大切なものだと思うんですよ。生きてることが一番大切とかきれいごとはどうでもいいんです。だって生きてるとお金必要でしょう??お金ないと生きれないでしょう??

 

世の中お金です。

 

 

 

オカネタイセツ

 

 

 

ちょっと最近仕事がなくて辛いのでブログに八つ当たりしにきただけです。

あと血祭週間が近づいてきたのもあってかイライラします。

 

仕事っていっても立派なものじゃないので、仕事というより内職です。

ネット内職です。テーマに沿って文章作って承認してもらうと100円くらいもらえるようなやつです。

最高月収3万でした。そんなもんです。

まあ稼ぎがないよりマシだと思ってやってます。

そのおかげでタイピングが身につきました。良いこともあるようなないようなそんな毎日を送っています。

いろいろと金銭的にやめなければならないことも増えてきそうなんですが、今のところはなんとかやっているので、最初に言ったようなことにはならないと思うんですけど、貯金がないのはガチです。最近の若者ってそんなもんじゃないかと思ってます。

将来お先真っ暗でもなんとか生きていこうと努力します。

 

 

とか言いながらスマホゲームで遊ぶぺんぎんさんでした。

 

バイビー